OR
誰でも自由に記事を投稿・編集できるオープンリファレンス
- 利用規約  [Rules] -

Open Reference(以下、ORまたは当サイト)をご利用頂くユーザの皆様には、以下の利用規約が適用され、サービスをご利用頂く際には、当規約を承認するものとします。

 
記事の投稿について

当サイトに記事を投稿される利用者には 「 クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス 2.1 (以下略記 CC-BY-SA または単にライセンス) 」 が適用され、あなたが著作権を保有するテキストを、CC-BY-SA の下で一般公衆に対して公開することに同意する必要があります。 ライセンスに同意し、自身が著作権を保有するテキストを公開した場合、公開されたテキストはその帰属が表示される限り、他人が自由に再配布、また再利用(内容の改変を含む)するが可能となり、著作権者はそれを承認する必要があります。 ただし、再利用者はライセンスの条項に従い、二次制作物(コピーを含む)をオリジナル作品と同様に、 CC-BY-SA の元に公開する義務があります。

なお、このライセンスは、利用者がライセンスの許諾条項を満たす限り、あなたの投稿作品及び、そこから派生した作品の商業利用を認めていることにご注意下さい。

詳しくは CC-BY-SAライセンスの利用許諾条項 を参照下さい。

また、あなたが著作権を有しないテキスト、あるいは他人と共同で著作したテキストを投稿する場合は、以下の条件を満たす限りその投稿が可能となります。

  1. 著作権が放棄されている。
  2. 著作権者または共同著作者の同意を得ている。(同意を得るとは、公開の同意ではなく CC-BY-SA に同意することを意味します)
  3. 該当テキストが CC-BY-SA の下に公開されている。
  4. 該当テキストが CC-BY-SA と互換性のあるライセンスの下で公開されている。(互換性のあるライセンスとは、自由に再配布、または再利用が可能であるライセンスのことを指します。 この場合、投稿元となるオリジナルの扱いは適用される配布元ライセンスに従うことになりますが、投稿されたテキスト自体には CC-BY-SA ライセンスが適用されます。 また、配布元ライセンスが帰属表示を要請する場合は、可能な限り合理的な方法をもって元著作者のクレジットを表記しなければなりません)
 
投稿記事の利用について

● 表示の義務

当サイトに投稿された記事を利用(コピー、または編集、もしくは再配布)する場合は、以下のいずれかの方法で、その記事に対する帰属表示をする義務があります。 また、記事の投稿者(著作権者)は以下方法での帰属表示の仕方に合意するものとします。

  1. 該当記事へのハイパーリンク、もしくはその記事のURLの表示。
  2. 当サイト名を含む記事タイトルの表示。

なお、記事を変更または追記し、原著作物を編集した場合は、可能な限り合理的な方法をもって変更内容を明記しなければなりません。

● 継承の義務

当サイトに投稿された記事を利用(コピー、または編集、もしくは再配布)する場合、その複製物または二次制作物はオリジナル同様に CC-BY-SA ライセンスの下で公開しなければなりません。

● 告知の義務

当サイトに投稿された記事を利用(コピー、または編集、もしくは再配布)する場合、その複製物または二次制作物がCC-BY-SA ライセンスの下に公開されていることを告知しなければなりません。 また、可能であるならば、ライセンスへのハイパーリンク、もしくはそのURL を表示しなければなりません。 適用されるライセンスのURLは以下になります。

http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.1/jp/

詳しくは CC-BY-SAライセンスの利用許諾条項 を参照下さい。

 
禁止事項

当サイトでは、以下の事項を禁止しています。

  1. 法令に違反する行為、および違法行為を助長または勧誘若しくは強制する行為。
  2. 当サイトもしくは他者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、又は侵害する恐れのある行為。
  3. 他人の名誉、信用、プライバシー権、パブリシティ権、その他権利を侵害する行為。
  4. 当サイトの運営を妨害する行為、及び、運用を行うサーバーシステムに負荷をかける行為。
  5. 当事務局の許可なくアフィリエイトを含む商用広告を掲載する行為。
  6. 当事務局がスパムと判断する以下の行為。
    • 一人または複数のユーザが、当サイトの掲載可能な箇所に、同一または類似の文章を、無差別に投稿する行為。
    • 一人または複数のユーザが、当サイトの掲載可能な箇所に、当該箇所と無関係若しくは、関連性の希薄なURLを無差別に投稿する行為。
    • その他、当事務局がスパムと判断する行為。
  7. 一人のユーザが複数のアカウントを持つ行為。
  8. 同じアカウントを複数人で利用する行為。
  9. その他、公序良俗、一般常識に反する行為。
  10. 上記に準ずる行為。

以上の行為が確認された場合、状況を判断した上で掲載情報の変更・削除、または該当ユーザの削除を含めた然るべき処置をとります。 規約違反に関する警告、もしくは削除連絡は登録メールアドレスに送信させて頂きます。 ユーザ様のご事情により当運営事務局からのメールを確認できなかった場合も、規約に則った対応をさせて頂きますので、予めご了承下さい。 なお、対応結果に関する質問・苦情は一切受け付けておりません。

 
免責事項

当サイト及び運営事務局は、サイト利用者(記事の投稿者および記事を閲覧・利用する者全て)に対して一切の責任を負いません。

また、当サイトの利用(投稿、閲覧、再利用を含む全ての利用)に対して、当サイトは何も保証はしません。

当サイトをご利用される場合は、全て自己の責任で行なって頂きます。

  • 当サイトは利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。
  • 当サイトに掲載されている情報に関しては、合法性、正確性、安全性等、いかなる保証もされません。
  • 当サイトからリンクされた外部サイトに関しては、なんら保証はしません。
  • 当サイトに投稿されている記事は全てOpen Reference Commons Licenseに基づく再配布・改変・再利用を許諾しますが、法令や他の人の権利を侵害する形での利用を許諾するものではありません。
  • 投稿した記事が法令違反や著作権等の権利侵害にあたる場合には、損害賠償などの民事責任の他、刑事責任を問われることがあります。 法律またはサイト利用規約の条項のいずれかにあなた、または関係する利用者が従わない場合には、あなたが当事務局に対して有する権利、主張、法的措置、訴訟、訴訟手続きの全てから当事務局を免除し、放免するものとします。
  • 当事務局は、ORのサービスをいつでも任意の理由で中断することができます。 当事務局は、ORを利用できないことによって引き起こされた(直接的、間接的を問わず)損害について、一切責任を負いません。
 
その他の規定

以下のいずれかにあてはまる場合、当事務局はユーザの皆様が登録した情報、利用履歴などの確認を行い、場合によってはこれらの情報を第三者に開示することがあります。

  • 裁判所、警察、その他の司法もしくは行政機関、またはこれらに準ずる者から適法に照会があった場合。
  • 法令または当事務局が定める規約に違反し、その他社会通念上問題があると判断された場合。
  • 当事務局または他のユーザ、若しくはその他の第三者の権利、または利益を保護するため必要と判断された場合。
  • Open Reference の運営、またはそのシステムの維持に問題が生じた場合。

ユーザの皆様は、当サイトを利用することにより、この利用規約すべての記載内容について、同意されたものとみなされます。 またこの利用規約は当事務局の判断で任意に変更されます。 将来引き続きご利用になる場合は、その時点での内容に同意されているとみなされます。

Open Reference 運営事務局

- 記事検索 -
- 公式バナー -
サイトバナー