OR
誰でも自由に記事を投稿・編集できるオープンリファレンス
記事ID:697
区分:プログラム  |  分類:VB  |  最終更新日:2016/03/18
クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス 2.1
【VB6/VBA】演算子と計算
関連タグ:VB6, VBA, 算術演算子, 比較演算子, 論理演算子, 代入演算子
このエントリーをはてなブックマークに追加      
本文
履歴
編集
閲覧数: 14,736
Excel VBA ナレッジ > 【VB6/VBA】演算子と計算

プログラムで値を計算したり、評価したりする場合に使用するのが演算子です。

VB6/VBAで使用可能な演算子は以下になります。

 

 

 

【補足備考】

※ VB6/VBAでは「=」記号が代入演算子と比較演算子として使用できますが、条件式として使用した場合は比較演算子として解釈されますので、使用の際には注意が必要です。

※ VB6/VBAには「++」や「+=」などのインクリメント演算子はありません。

算術演算子

算術演算子はその名の通り、四則演算や剰余を求める際に使用します。

VB6/VBAの算術演算子には以下の演算子が用意されています。

演算子意味使用例使用例説明
+ 加算 x + y xとyを足し合わせた結果を返します。
- 減算 x - y xからyを引いた結果を返します。
* 乗算 x * y xとyを掛け合わせた結果を返します。
/ 除算 x / y xをyで割った結果を返します。
除算の商 x ¥ y xをyで割った商を返します。
Mod 除算の剰余 x Mod y xをyで割った余りを返します。
^ べき乗 x ^ y xのy乗を返します。

比較演算子

比較演算子はオペランド(演算対象)の比較を行う際に使用します。演算結果がtrue/falseで返るため、主に条件文などで使用します。

VB6/VBAの比較演算子には以下の演算子が用意されています。

演算子意味使用例使用例説明
= 等しい x = y xとyが等しい場合にtrueを返します。
<> 等しくない x <> y xとyが等しくない場合にtrueを返します。
< より小さい x < y xがyより小さい場合にtrueを返します。
> より大きい x > y xがyより大きい場合にtrueを返します。
<= 以下 x <= y xがy以下(等しいかより小さい)の場合にtrueを返します。
>= 以上 x >= y xがy以上(等しいかより大きい)の場合にtrueを返します。

論理演算子

論理演算子はオペランドの論理値を評価し、結果をtrue/falseで返します。比較演算子同様、主に条件文などで使用します。

VB6/VBAの論理演算子には以下の演算子が用意されています。

演算子意味使用例使用例説明
And 論理積 x And y xとyが共にtrueの場合にtrueを返します。
Or 論理和 x Or y xとyのどちらかがtrueの場合にtrueを返します。
Not 否定 Not x xがfalseの場合にtrueを返します。

代入演算子

代入演算子は値を変数やオブジェクトに代入する際に使用します。

VB6/VBAの代入演算子には以下の演算子が用意されています。

演算子意味使用例使用例説明
= 代入 x = y xにyを代入します。
関連記事
関連記事はありません。
外部リンク
外部リンクはありません。
- 記事検索 -