OR
誰でも自由に記事を投稿・編集できるオープンリファレンス
記事ID:693
区分:プログラム  |  分類:VB  |  最終更新日:2016/03/11
クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス 2.1
【VBA】行・列を削除する
関連タグ:Excel, VBA, Rows, Columns
このエントリーをはてなブックマークに追加      
本文
履歴
編集
閲覧数: 21,161
Excel VBA ナレッジ > 【VBA】行・列を削除する

Excel VBAで指定の行・列を削除するには、Rows(行)オブジェクトまたはColumns(列)オブジェクトのDeleteメソッドを使用します。

 

構文

Object.Delete

引数 なし

 

Deleteメソッドは指定された行または列を削除します。行を削除したい場合はRowsオブジェクトの、列を挿入したい場合はColumnsオブジェクトのDeleteメソッドを呼び出します。なお、削除する位置はオブジェクトで指定します。

 

【例1】

Rows(3).Delete         ' 3行目を削除します
Columns("B").Delete    ' 2列目を削除します

 

上記例を実行すると、行と列がそれぞれ一行ずつ削除されます。

複数の行・列を削除する

複数の行・列を削除する場合は、範囲指定したRangeオブジェクトのDeleteメソッドを使用します。

 

【例2】

Range("2:5").Delete    ' 2~5行目を削除します
Range("B:D").Delete    ' 2~4列目を削除します

 

上記例では結果として2行目から5行目の4行が削除され、B列からD列の3列が削除されます。

関連記事
関連記事はありません。
外部リンク
外部リンクはありません。
- 記事検索 -