OR
誰でも自由に記事を投稿・編集できるオープンリファレンス
記事ID:602
区分:プログラム  |  分類:Java  |  最終更新日:2014/08/22
クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス 2.1
【Java】相対パスを絶対パスに変換する
関連タグ:Java, java.io.File
このエントリーをはてなブックマークに追加      
本文
履歴
編集
閲覧数: 12,653
Java関連技術まとめ > 【Java】相対パスを絶対パスに変換する

Java で相対パスを絶対パスに変換するには、まず、相対パスで目的の File オブジェクトを生成し、そのオブジェクトの getAbsolutePath() メソッドを使用して絶対パスを取得します。

サンプルコード

import java.io.File;

class sample {
    public static void main(String[] args) {

        String path = new File("sample\\test.txt").getAbsolutePath();
        System.out.println(path);
    }
}

 

上記サンプルでは、実行プログラムと同じ階層にある「sample」ディレクトリ内の「test.txt」ファイルの絶対パスを取得しています。仮にカレントディレクトリを「c:\temp」とした場合、上記サンプルでは「c:\temp\sample\test.txt」が表示されます。

関連記事
関連記事はありません。
外部リンク
外部リンクはありません。
- 記事検索 -