OR
誰でも自由に記事を投稿・編集できるオープンリファレンス
記事ID:591
区分:プログラム  |  分類:Java  |  最終更新日:2014/07/23
クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス 2.1
【Java】数値の絶対値を取得する
関連タグ:java, Math, abs
このエントリーをはてなブックマークに追加      
本文
履歴
編集
閲覧数: 17,939
Java関連技術まとめ > 【Java】数値の絶対値を取得する

Java で数値の絶対値を取得するには、Math.abs メソッドを使用します。

 

メソッド戻り型説明

abs(int)

abs(long)

abs(float)

abs(double)

static int

static long

static float

static double

引数に指定された値の絶対値を返します。

 

Math.abs メソッドは引数に指定された数値の絶対値を返します。このメソッドはオーバーロードされているので、int型、long型、float型、double型の数値を引数として受け取り、引数の型と同じ型の戻り値を返します。また、staticメソッドであるため、下記サンプルのようにそのまま呼び出すことができます。

 

【サンプルコード】

class Sample {
    public static void main(String[] args) {

        int i1 = -123;
        long l1 = 1234L;
        float f1 = -123.45F;
        double d1 = 1234.56D;

        int i2 = Math.abs( i1 );
        long l2 = Math.abs( l1 );
        float f2 = Math.abs( f1 );
        double d2 = Math.abs( d1 );

        System.out.println( "int = " + i2 );
        System.out.println( "long = " + l2 );
        System.out.println( "float = " + f2 );
        System.out.println( "ddouble = " + d2 );
    }
}

 

【実行結果】

int = 123
long = 1234
float = 123.45
ddouble = 1234.56
関連記事
関連記事はありません。
外部リンク
外部リンクはありません。
- 記事検索 -