OR
誰でも自由に記事を投稿・編集できるオープンリファレンス
記事ID:584
区分:プログラム  |  分類:VB  |  最終更新日:2014/06/20
クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス 2.1
【VB6/VBA】変数が配列かどうか調べる
関連タグ:vb6, vba, 配列
このエントリーをはてなブックマークに追加      
本文
履歴
編集
閲覧数: 11,471
VB6関連技術まとめ > 【VB6/VBA】変数が配列かどうか調べる

VB6/VBA で変数が配列かどうかを調べるには、IsArray() 関数を使用します。

 

関数説明
IsArray() 指定した値が配列であるかどうかを判定します。

 

Dim strArray1() As String
Dim intArray2 As Integer

If IsArray(strArray1) Then
    Debug.Print "strArray1は配列です。"
Else
    Debug.Print "strArray1は配列ではありません。"
End If

If IsArray(intArray2) Then
    Debug.Print "intArray2は配列です。"
Else
    Debug.Print "intArray2は配列ではありません。"
End If

 

実行結果は以下になります。

varArray1は配列です。
varArray2は配列ではありません。

 

上記例のように IsArray() 関数は引数に指定した変数が配列かどうかを判定することができます。ただし、この関数は配列が空であるかどうかまでは判定できません。上記例では strArray1 は配列と判定されますが、これを UBound() 関数などでサイズを求めた場合、strArray1 は空の配列であるため実行時エラーが発生します。空の配列かどうかを判定する方法は VB6/VBA にはありませんので、通常はエラー処理などで対応します。

変数が空の配列かどうかを判定する方法はこちらを参照ください。

 

関連記事
外部リンク
外部リンクはありません。
- 記事検索 -