OR
誰でも自由に記事を投稿・編集できるオープンリファレンス
記事ID:242
区分:プログラム  |  分類:VB  |  最終更新日:2014/06/20
クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス 2.1
【VB】IsNumeric関数
関連タグ:VBA, VB6, VB.NET, 関数, 数値, 判定
このエントリーをはてなブックマークに追加      
本文
履歴
編集
閲覧数: 44,354
VB6関連技術まとめ > VB関数一覧 > 【VB】IsNumeric関数

指定した値が数値として評価できるかどうかを判定する関数です。

関数仕様

構文 IsNumeric(expression)
引数
引数省略説明
expression 不可 数式または文字列式を含むバリアント型の式を指定します。
戻り値

ブール型(Bool)

 

この関数は、引数で指定した値が数値として評価できるかどうかを判定し、結果をブール型(Bool)で返します。 値が数値の場合は、真(True)を、そうで無い場合は、偽(False)を返します。 ただし、値が文字列であっても、数値と評価できる場合は、等価の数値と評価され True を返します。 また、Null 値を指定した場合も、実行時エラーとはならず、False を返します。

動作検証

条件動作結果

数値を指定した場合

IsNumeric(123) True

数式を指定した場合

IsNumeric(1 / 2) True
8進数を指定した場合 IsNumeric(&O123) True

16進数を指定した場合

IsNumeric(&H123) True

文字列で数値を指定した場合

IsNumeric("123") True(※1

全角の文字列で数値を指定した場合

IsNumeric("123") True

指数表記の数値を指定した場合

IsNumeric(123E-3) True

文字を含んだ数値を指定した場合

IsNumeric("1つ") False

文字列の計算式を指定した場合

IsNumeric("1+2") False

Null値を指定した場合

IsNumeric(Null) False(※2

※1 引数に文字列を指定しても、値が数値と評価できる場合は True を返します。

※2 引数に Null 値を指定しても、エラーとはなりません。 False を返します。

サンプルコード

Sub Sample()
    Dim var
    var = 123
    Debug.Print IsNumeric(var)    ' True を返します。

    var = "123.456"
    Debug.Print IsNumeric(var)    ' True を返します。

    var = "123個"
    Debug.Print IsNumeric(var)    ' False を返します。
End Sub
関連記事
外部リンク
外部リンクはありません。
- 記事検索 -