OR
誰でも自由に記事を投稿・編集できるオープンリファレンス
記事ID:118
区分:プログラム  |  分類:JavaScript  |  最終更新日:2012/02/02
クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス 2.1
【JavaScript】現在の日時と曜日を取得する
関連タグ:javascript, スクリプト, 言語, ブラウザ, web, 年月日, 曜日, 時分秒, date
このエントリーをはてなブックマークに追加      
本文
履歴
編集
閲覧数: 3,596

JavaScript で現在の日時を取得する場合は、Date オブジェクトを使用します。

new Date() で作成したオブジェクトの各情報メソッドを使用して、現在の日時を取得します。

 

MyDate = new Date();
YY = MyDate.getYear()        //年
MM = MyDate.getMonth() + 1;  //月
DD = MyDate.getDate();       //日
DY = MyDate.getDay();        //曜日
hh = MyDate.getHours();      //時
mm = MyDate.getMinutes();    //分
ss = MyDate.getSeconds();    //秒

 

年はブラウザの種類やバージョンにより返る値が4桁か、1900 年からの差分(3 桁)かで違うので、必ず 4 桁表示をする場合は以下の一文などで桁を揃える必要があります。 

if (YY < 2000) { YY += 1900; }

※ 上記例は、2000 より小さい数字(3 桁)の場合は値に 1900 を足します。

 

月は表記上は 1 月から 12 月ですが、データ上は 0 ~ 11 が設定される為、値に +1 する必要があります。 また、曜日もデータ上は 0 ~ 6 の数字が設定される為、数字に対応する曜日をプログラムで変換する必要があります。

サンプルコード

<script language="JavaScript">
<!--
MyDay  = new Array("日","月","火","水","木","金","土");  //曜日の番号に対応する配列
MyDate = new Date();
YY = MyDate.getYear() MM = MyDate.getMonth() + 1;        //月は+1して値を設定する DD = MyDate.getDate(); DY = MyDate.getDay(); hh = MyDate.getHours(); mm = MyDate.getMinutes(); ss = MyDate.getSeconds();
if (YY < 2000) { YY += 1900; }     //3桁対策(4桁に揃える) if (MM < 10) { MM = "0" + MM; }    //月を2桁に揃える if (DD < 10) { DD = "0" + DD; }    //日を2桁に揃える if (hh < 10) { hh = "0" + hh; }    //時を2桁に揃える if (mm < 10) { mm = "0" + mm; }    //分を2桁に揃える if (ss < 10) { ss = "0" + ss; }    //秒を2桁に揃える
MyText  = YY + "年 " + MM + "月 " + DD + "日 "; MyText += MyDay[DY] + "曜日 "; MyText += hh + "時 " + mm + "分 " + ss + "秒";
document.write( MyText ); // --> </script>
関連記事
関連記事はありません。
外部リンク
外部リンクはありません。
- 記事検索 -